湯婆婆「フン、千原ジュニアというのかい。贅沢な名だね…今からお前の名前は千だ」

上へ