ミサト「碇シンジ君、でいいのよね?」 花山薫「・・・」

上へ