藤浪晋太郎さん、若鷹軍団を熱唱してしまう

上へ